新入生と はじめての合宿

5月22日、オリンピックセンターで新入生と一緒に初めての合宿を行いました(^^)/

みんなで参宮橋駅に集合して、お忙しい中いらしてくださった対がん協会の小西さんとアンケート作成のすりあわせから。

これは調査発信チームが主体的に動いてるプロジェクトです。
みんなで半年間一生懸命作ったものなだけに、真剣。
他のチームも、意見を出し合いながらなんとか完成まで進めることができました。
新メンバーもしっかりメモメモφ(.. )
その後はみんなでご飯を食べて、代表2人のバースデーサプライズ♪
ケーキを食べてみんなからのメッセージアルバムをプレゼントした後、ワールドカフェという手法を使って、メンバーの価値観を出し合うワークショップを行いました。
話し合いのテーマは、「あなたにとって守るとは何ですか。」でした。
みんな真剣にそれぞれの経験したエピソードや、聞いたことのある話をおりまぜて、それぞれの価値観を出し合いましたo(*^▽^*)o

それぞれの考え方をまとめて、宿泊棟へ。
11時まで新メンバーと親交を深めました(≧ω≦)b

5月23日。
チーム別で、チームのこれからについて真剣に話し合いました!
これからのビジョンについて、リボンムーブメントのメンバーとしての意識を高めました。

その後、それぞれの自己紹介カードの他己紹介欄に、みんなでまわしながら書き込んでいきました。
お互いがお互いの第一印象や、どう思ってるかを知れて、どんどん仲が深まっていくのを感じました。

最後に、今回の合宿に参加した新入生のコメントを一部ですが載せたいと思います*
—————————————————————
横浜市立大学1年 新井涼子

 

5月22、23日に東京・国立オリンピック記念青少年総合センターで

リボンムーブメントの合宿が行われました。

 

合宿に参加して思ったことは「人のちからは偉大なり。」です。
「守る」という言葉をワールドカフェ形式で話し合ったり、

新企画などさまざまなことを考えるなかで、
相手の意見を聞き吸収して、自分の意見を生み出すことを繰り返しました。
自分が思っていることを人に伝えることは難しいことでしたが、
異なった経験をしてきたさまざまなひとの話を聞き、考えることで

「守る」という意味の深さを知るなど、思いがけない結果となりました。

 

一人一人のちからは完璧ではないけれど、そのような人々が出会って
反応しあうことで何かができる。
ひとだけでなくすべての生き物はこのようにして進化してきたのだと感じました。

 

子宮頸がんの認知度や検診率を向上させるため、

リボンムーブメントが取り組むべきことは山のようにあります。
終わりの見えない旅ですが、みんなで助け合って活動していくことで
世の中は少しずつではあるけれど必ず変わっていくのだと思います。
いや、変えていかなければいけません。

 

私自身、まだ子宮頸がんについて知るべきことは山ほどあり、
リボンムーブメントの一員としても未熟者ですが、
この合宿を通して、リボンムーブメントに出会えたこと、参加していることを
幸せだと実感しました。

 

—————————————————————

 

青山学院大学3年 柳梨沙

 

今回合宿に参加してみて
本当に学ぶものが多かったです★
そしてなにより、リボンのメンバーの方と仲良くなれたのが嬉しかったです。

 

今回の合宿で一番刺激的だったのは
ワールドカフェでした!

「あなたにとって守るとはなんですか」

という問いに対して真剣に考えて意見交換できたことは楽しかったし、
その問いを通して、
色んなことを見直す良い機会になりました!!

 

そして今回の合宿を通して
リボンのメンバーが、思いやりがあって優しくて

しっかり一人一人意見を持っていて芯のある人がたくさんいるんだ

ということを凄く凄く感じて、
リボンに入って本当に良かったな(*´∀`*)
と思いました★★★

 

皆さん本当にお疲れ様でした♪
リボンの活動、頑張ります♪