島根県子宮頸がん予防のための啓発キャンペーンに参加してきました!

 

4月9日に島根県子宮頸がん予防のための啓発キャンペーン「Love子宮フォーラム」に参加してきました。

 

シンポジウムや講演会などを通じ、

・子宮頸がんの知識や予防法を学んでもらう

・子宮頸がんについて考えるきっかけをつくる

ことを目的とし、最終的にはそれにより県内の検診率向上を目指しました。

 

当日リボンは団体紹介、○×クイズの出題、地元の学生の方々とのディスカッションなどをやらせて頂きました。ディスカッションでは乳がんの検診推進活動を行っていらっしゃる看護学部生の方や、今はまだ子宮頸がんの普及のための活動はしていないものの活動に興味を持ってくださっている女子学生の方と、お互い疑問に思っていることや意見などを真剣に話し合っていきました。同世代でかつ普段とは異なった視点の方と話し合う機会はとても貴重で、面白かったです。

 

またイベント後には地元の学生の方との交流の場も設けて頂きました。

 

ここでは乳がん啓発団体「てんしんはん」さんから普段の活動の様子などを伺うことが出来、大変勉強になりました。同じ「女子学生による女性のがんの啓発」を行っている団体でも、がんの種類が異なるとその活動の対象年齢が異なってきます。私たち(子宮頸がん)は主に同世代の女性を対象に活動しているのに対して、てんしんはんさん(乳がん)はお母さん世代を対象としています。それによって活動の方法や伝え方が私たちとは少し違ったり、また同じところも勿論あり、とお話を通じて学ばせて頂くべきところを沢山見つけることができました。

 

今回のイベントをきっかけに、島根県の学生の方々と共同して活動していけたら、と思います。

 

●活動の様子が2011年4月10日「山陰中央新聞」「読売新聞」に掲載されました!