厚生労働省:子宮頸がん予防ワクチン接種年齢記者会見

子宮頸がん予防HPVワクチンの公費助成の接種年齢について。

国の補正予算で子宮頸がん予防HPVワクチン接種が今年度から行われる見通しがついてきたのですが、今回の記者会見は子宮頸がん予防HPVワクチンの接種対象者が厚生労働省の見解では、中学校1年生~高校1年生となっていますが、厚生労働相案では、市町村では中1~高1を想定されてます。

子宮頸がんの征圧をめざす専門家会議の見解では、医学的根拠に基づいて、公費負担で女性すべき年齢は、11~14と推奨してきましたが、残念ながら、上記の内容では11歳、すなわち、奨学6年生が対象外とされる可能性があるなどとして、要望として会見を行ないました。

 

厚生労働省,子宮頸がん,予防ワクチン,HPV,リボンムーブメント,女子大生

 

また、今後3年間は、上の学年に対するキャッチアップ対策。

 

接種に関しての所得制限を設けないなどの要望をお伝えさせていただきました。

 

厚生労働省,子宮頸がん,予防ワクチン,HPV,リボンムーブメント,女子大生

 

より適切な形での予算を使っていただけることを願っています。