神奈川県立高校へ出前授業に行ってきました!

私たちは、8月下旬に2校の神奈川県立高校で、出前授業を行いました。

多くの高校生に子宮頸がんを正しく認知してもらい、予防活動につなげてもらうことを目指し、授業では、子宮頸がんに関するプレゼンテーションや高校生とのグループディスカッションをしました。

25日に訪問した海老名高校では、男子から「命はプライスレスなので、高額でもワクチンは接種すべき。」という感想が出ました。男子に子宮頸がんを他人事でないと思ってもらう事に難しさを感じていたリボンムーブメントメンバーは感激です。
 
27日に訪問した市ケ尾高校では、高校生がプレゼンテーションを楽しんで聞いてくれて、みんなで授業をつくっているように見えました。

両校とも、授業冒頭で「子宮頸がんを知っている人?」と質問すると一人もいなかったところから、最後には子宮頸がんについてもっと知りたいと思ってくれたり、20歳になったら検診に行くと言ってくれたりする高校生の姿に大きな進歩を感じました。
 
高校生と接していると、自分に足りないものが明確になり、私自身も多くの事を学びました。
高校生のみんなには、今回の授業で知った事、感じた事を、ともだちや家族と、多くの人に広めていって欲しいです。
 
そして、今回貴重な機会を与えてくださった神奈川県教育委員会の方々、両校関係者の皆様、誠にありがとうございました。
私たちリボンムーブメントは、多くの高校生に、子宮頸がんを知り、予防活動につなげてもらうため、これからも高校での出前授業を行っていきたいと考えています。