長野高校へ行ってきました!

2/9に長野県長野高校で授業をして参りました!

 

今回の授業の目的は、高校生に健康の大切さについて気づいてもらい、自分や周りの人の体を思いやれる人になってほしいということ、さらに子宮頸がんの知識を持ってもらう、というものでした。

 

過去3回行った授業は全て神奈川県の県立高校でやらせて頂いていた為、これが他県での初授業でした。

 

 

今回はいつもとはグループワークの内容を少し変えて、「どうしたらみんなが検診に行きたいと思えるようになるか、自分なりの改善策を提案してみよう。」という話し合いテーマを新しく設けました。

そこで出た意見をいくつかご紹介致しますと、

・若い女性に人気の芸能人をイメージキャラクターとしたCMを作成する

・献血のように、検診に行ったらジュースやおかしが貰える

・twitterやyoutubeで広める

・学校の授業などで小さいうちから教育をする

・キャッチフレーズを設ける

 

などなど、なるほど!と思える意見が沢山挙っていました。

近い将来検診を受けてほしい人たちからの意見や提案はとても面白く、また貴重で、私たち自身も勉強になりました。

 

高校生に今回の授業の感想を聞いた所、「子宮頸がんについてこのまま知らないでいたら、多分検診に行くことはなかった。この出張授業で知る事ができて良かった!」「こういう活動を他の高校でもして、もっと子宮頸がんを広めてほしい。」「大学生という年齢が近く親しみやすい立場の人からの講義は、新鮮で印象に残った」など、嬉しい意見を沢山頂くことができました☆

 

この経験をもとに、授業をより良くしていきたいと思います。