養護教諭教育学会に参加してきました!

10月9日に日本養護教諭教育学会主催のランチョンセミナーに行ってきました!
ランチョンセミナーとは、名前の通りお昼ご飯を食べつつ、先生のお話を聞いて知識を深めるための講習会です。
そこで、婦人科の対馬先生の講演を聞いて子宮頸がんについての知識を深めました。

それからグループワークを行い、将来養護教諭の立場から子宮頸がん予防を自分の言葉で生徒に伝えられるようになってもらうことを目標にグループ内で「自分が思う子宮頸がんについて」や、「どのように生徒に伝えたほうがいいのか?」などをディスカッションしました。
ランチョンセミナーということもあり、和やかな雰囲気で行えました☆
ディスカッションを行ったことで、今まで気づかなかったこと、疑問にも思わず見過ごしてきたことなど再発見することもできました!

学年・学校・住んでいる都道府県もばらばらでまったく初対面の方々ばかりでしたが、将来養護教諭になるということに共通があり、みなさん高い意識を持って私たちの話を聞いてくれて、生徒たちにいかに伝えるかを考えました。

まだたくさんのひとが検診やワクチンを受けていないということでしたが、人に伝える立場になる以上自分もきちんと検診に行こうと思ってもらえました。
みなさん素敵な方々ばかりだったので、養護教諭になったときにはこのセミナーで学んだ子宮頸がんの知識を生かして次の世代にきちんと伝えてくれると思います♪
今よりも多くの女性が検診に行き、ワクチンを接種する。
このことが当たり前になってくれればいいのに…とさらに強く思ったセミナーでした。