子宮頸がん夜間学校に出演しました!

12月5日、
朝日新聞医療サイトアピタルのホームページリニューアル特別企画、子宮頸がん夜間学校にリボンムーブメントもゲスト出演させて頂きました!

http://apital.asahi.com/

テーマは「20代の女性に起こる身体の変化のこと」です。
子宮頸がんに限らず、20代の女性がかかりやすい病気について学びました。

出演メンバーは
アピタル編集長の平子義紀さん、
フリーアナウンサーの近藤麻智子さん、
山王病院・リプロダクションセンター・婦人科内視鏡治療センター医師の富坂美織先生、
リボンムーブメントの新井と天野でした。

IMG_2254_1

子宮頸がんについてはもちろんの事、他の女性が気をつけなくてはならない病気について説明して頂きました。

何よりも印象的だったのは婦人科の先生方も、ちゃんと検診の際に私達の事を気遣ってくれているということ。

あの検診の時におりてくるカーテン、実は自分がリクエストすれば取り除いて頂ける事ご存じでしたか?
他にも検診の時にはタオルのようなものを巻いて、よりやりやすい検診をリクエストしても良いそうです。

私自身なんとなく居心地が悪い時でも、それは婦人科だからと思って受け入れてきましたが、我慢する必要なんてないんですね!

次からは少しでも居心地の悪さを感じたら、どんどん先生にリクエストしていこうと思いました。

何よりも富坂先生がとても優しく素敵で、こんな先生だったら本当に安心して婦人科に通えるなと思いました。

富坂先生もおっしゃっていましたが、仕事も出産も体が健康でなくてはできません!

ぜひ未来の自分のためにかかりつけの婦人科を作って自分の体を大切にしてあげて下さい。

一緒に出演して頂いた富坂先生や近藤さんはもちろんの事、制作に携わって頂いた
日本対がん協会の皆様、CVJの皆様、アピタルの皆様、本当にありがとうございました!

大切な人の未来を検診の力で予防出来るように、皆様と一緒にリボンムーブメントも頑張っていきたいと思います!