小冊子を刊行しました☆

リボンムーブメントでは、子宮頸がんについてまとめた小冊子を刊行しています。
できた冊子はイベントで配布したり、自治体からのお知らせと一緒に皆さんのもとに届けられたりしています。

そしてその、2013年度の小冊子『Dear you』がついに刊行されました!わーい!!

0711小冊子

この小冊子は「大切なあなたへ」というコンセプトで、小冊子を手に取ってくれた人が自分だけではなく、
大切にしたい誰かと、一緒にお互いのことを考えてほしいという思いを込めて制作されました。

制作期間は約3か月。
まずはコンセプトを決めました。

「対象はどんな女の子にしようか」

0711_小冊子

「手にしてくれた人が周りにも勧められるようなのがいいね」

0711jpg

「どんなのだったら勧めやすい?」“等身大”の意識を大切にみんなで話し合います。

0711_小冊子b

コンセプトが決まったらそれにそったコンテンツをリボンメンバーが担当し、企画発案・取材を行いました。

女の子にとって必要な情報は何か、
「婦人科の写真を載せた方がどんなところかわかるから安心する」
など、女子大生ならではの視点を盛り込んでいきます(^^)

0711_小冊子f

デザイナーさんも私たちと同年代の女の子3人組で、
メンバーの意見を聞きつつデザイン画を作ってもらいました。
一緒に制作していく中で、子宮頸がんについて全然知らなかったけど、自分たちにも関係あることと気づいてもらえました♪

0711_小冊子d

最後のコンテンツでは、FROM ME FROM USとして、母娘・親友・恋人といった大切な人にお互いメッセージを書いてもらい、
撮影を行いました。
どの写真もキラキラしていてとってもすてきです!(^^)!

制作していく中ではいい案が出なかったり、意見がぶつかったりと大変なこともありました。
メンバーと深夜ミーティングで意見をまとめたり、
スポンサーになってくださった企業様に広告をお願いしたり…。
そうしていろんな方が携わってDear youができたのだなぁと今改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

私が編集長として一番伝えたかったことは「大切な相手と一緒に自分を大切にしてほしい」ということです。
自分は大丈夫と思っていても、大切な人は心配する。
そんな心配されているあなた自身のことをもっと考えてほしい。そう思いました。

個人的には周りにいる大切な人みんなに配りたいです(笑)

0711_小冊子e

ご協力いただいたすべての方々、デザイナーさん、スポンサー企業様、そしてメンバーにはとても感謝しています。
ぜひ読んでくださーい!!