ドクタービジットin大淀高校

こんにちは!

4年生メンバーの野地里奈です。

今回は6月10日に奈良県立大淀高校で行われたドクタービジットについてお伝えしたいと思います。

リボンムーブメントからは私と新井の2人で参加させていただきました。

昨年7月の横浜平沼高校、今年4月の岡山学芸館高校に引き続き、リボンムーブメントとしてドクタービジットに参加させてもらうのは、3回目になります。

ドクタービジットって?っという方はこちら→岡山学芸館高校の記事のURL

 

 

当日は、看護・医療コースの1年生40人の生徒さんを対象に、

神戸大学医学部の向原先生からがんについて講義、グループワークといった流れで進みました。

まず、向原先生からの講義ですが、がんってどんな病気なのか、どのような予防法があるのか、チーム医療とは、

といった内容でした。

 

DSC00041

 

そして、休憩を挟んだ後のグループワーク。

40人のクラスを8グループに分け、

1グループ4~5人で「自分たちの町からがんをなくすためには」というテーマで話し合ってもらいました。

DSC00068

最初は緊張していた生徒さんたちでしたが、徐々に意見も出始め、

「食生活から見直してもらう!」や

「ビラを配って啓発したい!」といった意見が出ていました。

 

そして、今回話し合ったテーマについて夏休みにもう一度各個人で考え、

それを秋の文化祭で発表するそうなので、どんな発表になるのか今から楽しみです。

 

 

今回は、向原先生の貴重なお話を聞くことができましたし、

医療系の道を目指す生徒さんたちとグループワークで話し刺激を受け、充実した1日となりました。

このような機会をいただけたことに感謝し、高校生たちに負けないよう、

私達も自分たちにできることをしっかりと考え活動をしていきたいと思います!