戸板女子短期大学で出前講義を行いました♪

6月25日(木)戸板女子短期大学で出前講義を行ってきました!
今回は安間と澁谷で講義を行いました!
大学1年生約400人の学生のみなさんが参加してくださいました。
昨年の秋にも戸板女子短期大学で講義させていただきました。
約400人の前に立って話すのはとても緊張しましたが、無事に終えることができました。
ありがとうございました!
1
今回は、日本医科大学産婦人科教室・明樂重夫教授の「自分のからだは自分で守ろう」というテーマの特別講義の中の、「月経困難症・子宮内膜症」という一つのコンテンツをリボンムーブメントが任され、講義を行いました。
明樂先生の講義では、夏休みに向けて、自分の体を守るためのエチケットのお話や女性の身体への影響について講義が行われました。
初めて知ることなどあり、少し衝撃を受ける内容に思わず目を覆いたくなってしまいました(._.)
しかし、今このときに知ることができ、戸板女子短期大学の学生さんと同じ女子大生としてまた女性として一緒に学ぶことができて嬉しかったです。

私たちリボンムーブメントは、「月経困難症・子宮内膜症」について少しでも関心を持ってくださるように、
クイズに答えていただき、これらの病気が女性のライフプランに与える影響についてお話しさせていただきました。
1
今回の講義準備の中で、私たちのこの20年の人生を振り返ってみました。
すると、性についての教育だったり人生に多大な影響を与える女性の病気だったり学校でも家でも正しく教えてもらっていないことに気が付きました。
世の中の女性の大半は知らないまま社会に出て、病気にかかったりしたときに初めて病気の存在を知り、知らなかったことにより対策ができなかったことに気が付くのだと思います。
社会にできる前の大学生のうちにみなさんに知ってもらえたらと思い講義を行っていました。
学生のみなさん積極的に聞いてくださり、講義後は達成感や充実感でいっぱいでした♪

このような素敵な機会をいただき、戸板女子短期大学の学生のみなさん、先生方、明樂先生、に感謝いたします。

本当にありがとうございました。